深海のこえ

コミュ障・元ひきこもりOLの日常とかぼやき

。 

 

もし、存在をなかったことにできるボタンが目の前にあったとしたら、迷いながらも押してしまうと思う

私はこの世界にはどうやったって順応できない生き物で、それは人間が水中で呼吸できないのと同じくらいどうしようもないもので、適応しようとすればするほど深みにはまっていく。

他の動物であれば、環境に適応できなければ淘汰されていく。だから、本来ならば淘汰されるべき私が生きていること自体、不自然といえば不自然で、だからこうやって生きているだけで苦しいのはしょうがないのかな、と思う。

 

中沢ちゃんは、芯が強い子だから。と言われ、

それは一見打たれ弱そうなのに、どんだけ打ちのめされても倒れず表情一つ変えずに立ち続けているからだと思うけど、違う。ほんとうは立ったまま気絶しているだけ。意識なんてない。

でもこういう休みの日に、ふっと意識が戻ってくることがあって、そうすると麻酔が切れたみたいに急に痛みが襲ってくる。この痛みの消し方を私は知らなくて、台風の前に雨戸閉めるみたいにして、目も耳も口も塞いでいつ弱まるとも分からない痛みが過ぎ去るのを待つ。

誰かにこの痛みを分かってほしいなんて思っていなくて、ただでも誰かに聞いてほしかったので暗いことをつらつらと書いた すいません

広告を非表示にする