深海のこえ

コミュ障・元ひきこもりOLの日常とかぼやき

。 もし、存在をなかったことにできるボタンが目の前にあったとしたら、迷いながらも押してしまうと思う 私はこの世界にはどうやったって順応できない生き物で、それは人間が水中で呼吸できないのと同じくらいどうしようもないもので、適応しようとすればす…

脳内麻薬

毎日毎日毎日毎日同じことの繰り返しでうんざりしている。あれ、私タイムリープしてね?とたまに思う。 いつも通勤のバスの中は病院通いの老人たちでごった返していて、そして彼らはたいてい停留所に到着してから、 「何円ですかね?」と運転手に聞いて、そ…

本。本を読まなきゃ、と思う。賢くなりたいし、賢い文が書けるようになりたい。 それで、何冊か買ってはみたものの、ほとんど途中で投げ出している。 あ、これ面白くない、と判断した脳みそは立ち入り禁止札を掲げて文字の進入を拒む。無理やり入れようとし…

ブログの講習会に行って後悔

某有名ブロガーさんのブログ講習会に行ってきた。 職場と家との往復で心が荒んでいて、書くことも荒んでいて疲れたとか暗くて欝っぽいことしか書けない(っていうか、元からそういうスタンスのブログではあるんだけど) ので、ここらで何かスパイスを、と思…

今日も疲れました。おやすみ

仕事が終わってバスに乗り込む。車内は空気がもわっとして淀んでいて少し暑い。 疲れた、っていう心の呟きと一緒に吐き出された息がいくつも重なり合って、空気に重みと熱が加わっていくんだと思う。私の息もやがて周囲の空気と混じって一つになった。 バス…

会話とブログ

私と喋ったら分かると思うんだけど、とにかく会話が続かない。 気を使って話をふってくれる人もいて、ありがたいと思う反面、私なんかが話したところでなんにも面白いこと言えないから申し訳ないし、話ふらないでほしいとも思う がんばって話しても、二言三…

一人飯なう

今日も今日とて一人飯。一人上手と呼ばないで。 暗い喋らないやつ=悪 なこの王国では私は完全に有罪。そんなら追放になる前に自分から逃げちゃえ、ってことで逃亡した次第です。 仲がいいわけでもない集団の中で食べるご飯には味が無い。無いっていうかある…

気がつけば炭

仕事は仕事、と割り切って、帰ったら全部忘れる。そうしたほうがいいよーと先輩に言われ、「あぁ、そうですねぇ」と返す。うん、そうだよね。分かってる、頭では。 でも、心がついていかない。激辛の坦々麺を食べたらしばらくは舌がビリビリするじゃない。仕…

吃音症疑惑

「手に汗握る」というと普通、 熱戦が繰り広げられているスポーツの試合だったり、ハラハラドキドキするようなスリル満点の映画だったり、あるいは、レベルが拮抗している相手との対戦ゲームだったり。そういう場面で主に使われる表現だと思うんだけど、私の…

書くこと

私には波がある。 文章を書きたくてたまらないときと、全然書けないとき。私の場合ほとんどが後者で、さあ!書くぞ!と意気込んでパソコンの前に座った途端に頭が真っ白になる。 で、気づいたらyoutubeとか見てて、全然関係ないサイトを巡ったり、鼻をほじっ…

浮力

私は、どこに行っても浮いてしまう。 それは、だだっぴろい海にぽかんと浮かんでるブイみたいに確かなものではなくて、なんというか、エスパー伊東が風船で空に浮かんでるみたいなかんじ。頼りないし、危うい。 私は、できれば浮きたくないし、周囲に馴染ん…

もう一度あいたい

チャットレディという仕事がある。 パソコンにウェブカメラとマイクを繋いで男性と話し、その時間によってポイントが加算され報酬がもらえる、っていう仕組み。 私はチャットレディやったことないけど(そもそも容姿とコミュニケーション能力に難ありだから…

過去の膿

「教室」は針のむしろだった。 とにかくこの空間から一刻も早く抜け出さなくては、というのがあって、 部活なんてもちろんしていなかったし、下校の時間になれば「私と同じような境遇の男子」と競い合うようにして教室を飛び出した。 この無言の争いに意味な…

ラベル

あるブログを読んで、思い出したことがあるので書いてみる。 あんまり関係のない話になるのでリンクは貼らない。 … とある雑貨屋さん。すっごい可愛いネックレスを見つけて、一目で気に入った。デザインも超好み、質感も、うん、良い。 久々にいいもん見つけ…

今週も乗り切れるかなぁ・・・

あ、みんな笑ってる。笑わなきゃ。 と、あわてて笑う。少し遅れる。 海外からのリポートの声が遅れるみたいに、私とみんなとの間に生じるタイムラグ。 近くにいるのに、宇宙よりも遠い。 … 日々、抜け殻のようになってきていて、楽しいという感情も好きとい…

タイとタコ。

素晴らしいあの頃学生時代 素晴らしいあの頃学生時代 by ペギー葉山 学生時代のことは覚えていない。 脳内から削除した。といっても、完全に消えたわけじゃなくて、Windowsでいう「ごみ箱」に移動させただけだから、見ようと思えば見える。けど、見ない。 …

ブログのこと、ぼやき

緊張すると、歩くときに右手と右足、左手と左足が同時に出るっていう現象。 これって、見られてることを意識すると、自分がどうやって歩いていたのか分からなくなって、変な歩き方になるのと同じ原理? 私は、外で歩いてると周りから見られてるような気がし…

できないものはできない

たまりにたまった一週間分の疲労が精神を蝕みはじめた金曜日の終業間際。 そんなヘロヘロな時に限って難しいお客様がお見えになりまして、私じゃどうにも対応しきれないから二次対応をお願いしようと、上司に状況を説明している時でした。 こっちが身振り手…

よく分からない

私にとって言葉とは、溢れてくるものじゃない。 ぺたんこになった歯磨き粉のチューブをぐるぐるに丸めてひねり出して、やっとちょぴっと、申し訳程度に出てくるようなもの。 対面で話す時もそう。ブログを書くときだってそう。もう捨てていいようなチューブ…

三歩進んで三歩下がる毎日

仕事慣れたかも。周りの人とちょっと仲良くなれたかも。メンタル強くなったかも。 とか思っても、次の日それは思い上がりだったと気づく。 電話を取るのにも初出勤ばりに緊張して冷や汗かくし、同僚には「はじめまして」と言い出さんばかりのよそよそしさ、…

仕事休みになったからブログめぐりでもしようと思う

仕事場へと向かうバスの中で、雨でぐしゅぐしゅになったスカートとカバンをタオルでせっせと拭いていると、上司から電話が。 「今日警報出てるから来なくてもいいよ」 この世の終わりみたいなツラしてバスに揺られていたわたくし、思わず顔が緩みました。も…

ここ数日気分が沈みこんでいて、浮き上がってこれなかった。家に帰って久々に泣いて泣いて、泣いたらすっきりするかな、と思ったんだけど、全然気分がよくならなくて、もう一生浮かんでこれないんじゃないかと思った。 「もう生きてるの嫌だ」って、そんなの…

キラキラな空間にいると汗が止まらなくなる

通勤以外で、久々に外へ出ました。 道行く人々の服装やら、心なしか浮き立っている感じを見て、あー、夏が来たなって思います。 白いキャップの下に白地のタオルをなびかせて颯爽と歩いているご老人の後ろ姿を見て、思わず「アラブの石油王だ!」って叫びま…

考えない

私は色んな人の文章を読んでは、「へー、なるほどー」「あー、確かにー」と感心する。また別の文章を読んでは、「ふむふむ、そうだよねー」と納得する。ふわふわ流されるまま漂うクラゲのように、思想はあっちへ行き、こっちへ行き。 それは、実際の会話でも…

木曜日

重い。 体が重い。空気が重い。思いが重い。 一日一日が重い。 ボディブローみたいに、ダメージがじわじわ来る。で、木曜日にダウン。布団から起き上がれない。 え、まだあと一日ある? いやいや、無理だから。 こっちが白旗上げても、ゴングは鳴る。情け容…

仕事やめたい、けど

「もう帰ってくるなよ」って、何度言い聞かせても、帰巣本能の強い私の履歴書は、送っても送っても舞い戻ってくる。何度祈りを捧げられたところで、私は神になれるわけじゃなくて、せいぜい唇をかみ締めることくらいしかできないのに。。。 履歴書を送っても…

消したい衝動

私の存在は薄い。出がらしのお茶よりも薄い。サガミオリジナルよりも薄い。 小さい頃から、自己主張をしなかった。何に於いても、『他人がどうあるか』が重要だった。 嫌なことを嫌だと言えず、他人に気を使ってばかりの人生で唯一手に入れたものは、「奇妙…

ここ最近の、バスの思い出

ある日、私はバスの扉に挟まれた。停車したバスに乗り込もうとしたら、誰もいないと思われたのだろうか、開いたと思ったドアは即座に閉まり、私の体はバスの扉におもいっきり挟まれていた。異物が挟まっていることを感知したドアは一旦開き、私が乗ると閉ま…

強くなることは鈍くなること?

朝、眠くて眠くてたまらない。スマホの目覚ましの音が、地獄へといざなう死のメロディに聞こえます。毎日のように、今日こそ絶対9時半には寝る!とか思うんですが、いざ仕事が終わって夜になると、寝てしまったらすぐに朝が来てしまうからそれが嫌で、もっ…

「みんなでご飯」が苦手なので、一人になることにした

私は、「みんなでご飯を食べる」ってことが、すごく苦手です。集団の中にいると、私は完全に土偶化して、なんか、存在しているのに存在していないような感じになるんですよね。周囲が話していることに全く興味も持てなければ、自分が話題を振る勇気もなくて…

楽したい

誰が電話に出るか、出ないかっていう駆け引き、心理戦、無言の攻防は、多分日本全国、どこのオフィスでも繰り広げられていると思う。できれば誰も、電話なんか出たくない。コミュニケーション能力に難がある私でなくとも、多分みんな嫌なんだろうな。ってい…

ちょっと暗いこと書く

今まで社会に出たことがない、みたいなことを以前の記事で書いたんですが、長い引きこもり生活の中で、何回かアルバイトをしようと試みたことはあります。 が、どれも三日くらいで辞めているか、クビになっているか。どちらかです。 クビになったところで言…

疲れが溜まると、ろれつがまわらなくなる

私は疲れが溜まると、ろれつが回らなくなります。 元々滑舌がいい方ではないし、緊張すると噛んだりスベったりはよくあるんですが、疲れが溜まるともっとひどくなるってことが最近分かってきました。週の終わりの方、木曜日とか金曜日に、それは顕著になりま…

ただの愚痴とか、

私は仕事上、自分は全く悪くなくても、罵倒されたり怒鳴られたりすることが多い。 動揺を悟られると悔しいから、できるだけ声色を変えないように、常に平常心で対応するように心がけてはいるけれども、内心ははらわたが煮えくり返っている。 何事もなかった…

電話対応で一番焦ること

中二病ちっくなことを書きますが、私は太陽の光が嫌いです。ひきこもり時代には、カーテンを閉めきって生活してました。働くようになっても、やっぱり苦手です。明るくて眩しくて、キラキラした外の世界が嫌いです。 それでも毎朝、外に出る。ゆらゆら歩いて…

コミュ障の私が、クレーマーより怖いもの

コミュ障の私がクレーマーより怖いもの、それは、同僚との会話です。 働いていると、周りとの会話は不可避。 というか、会話が最も重要と言ってもいいくらい。 でも、その「会話」こそ、私が最も苦手としていることです。 だって、何を話せばいいの? 話かけ…

コミュ障ひきこもりだったけど、日々クレーマーと戦ってる。

私は、人と接するのが極端に苦手です。そのせいもあってか、心の病気になり、ずっと引きこもっていたのですが、このままでは人生が終わってしまう!!と焦り、なんとか最近働くようになりました。 (2X歳にして、社会に出るのが初めてっていう…)事務の仕事な…