深海のこえ

コミュ障・元ひきこもりOLの日常とかぼやき

よく分からない

私にとって言葉とは、溢れてくるものじゃない。

 

ぺたんこになった歯磨き粉のチューブをぐるぐるに丸めてひねり出して、やっとちょぴっと、申し訳程度に出てくるようなもの。

対面で話す時もそう。ブログを書くときだってそう。もう捨てていいようなチューブをケチくさくいつまでも搾っている。中身なんてないのに。

 

……

おばちゃんのコミュ力ってのはすごくて、初めて会ってもまるで十年来の友人みたいに親しげで、「今日の天気」っていう話題からいくつもの枝が分かれて無限の宇宙を作り出す。

会話っていうのは連想ゲームなのかなぁと思う。でも、自分が連想しようとしても、うまくいかない。

 

「いい天気ですね」

「そうですねー」

「……」

終了。それ以上話が膨らまない。世界が一ミリも広がらない。なぜ。

 

 

…… 

あぁ、みんな私には見えないものが見えて、感じないものを感じているんだなって思う。

私にとってこの世界は無味無臭でなんの面白味もなくて、そしてひたすらに狭い。だから、しょーもないことでゲラゲラ笑ってる人とか何が可笑しいんだか、全然意味わからない。けど、「他人に合わせる」という修行だけは小さい頃から積んできているから、とりあえずタイミングを合わせて笑うことはできる。

でも、それってつまらないバラエティ番組で、白々しい笑い声のサウンドエフェクトを流しているよりもずっと、空虚だ。

 

…… 

そういえば、テレビを見ても、漫画を読んでも、面白いと評判の芸能人のエッセイを読んでも、何をしても口角がぴくりとも上がらなくなった。

 

あれ、私って何をすると楽しかったんだっけ。

何を面白いと思うんだっけ。

 

とか、全然分からなくなってきて、

あーこれはもしや、セロトニンが不足していることによっておこるアレかなぁ、なんて思ってたけど、最近「うんこ」の話題ですごい笑ってしまったからよく分からない。

広告を非表示にする