深海のこえ

コミュ障・元ひきこもりOLの日常とかぼやき

ラベル

あるブログを読んで、思い出したことがあるので書いてみる。

あんまり関係のない話になるのでリンクは貼らない。

 

… 

とある雑貨屋さん。すっごい可愛いネックレスを見つけて、一目で気に入った。デザインも超好み、質感も、うん、良い。

久々にいいもん見つけたなーって、いそいそとレジへ向かう途中、ネックレスにぶら下がっているタグにふと目をやると、そこには「ダイソー」の文字が!

 

DAISO!

それを見た瞬間、テンションは急降下。

なんだぁ。。。と、がっかりして、そのネックレスを棚に戻した。

 

そこで、目が覚めた。

この夢を見た後ぼんやりと、あぁ私は、物の価値をラベルで判断しているんだなぁって思った。決してダイソーの悪口を言いたいのではない。決してダイソーの悪口を言いたいのではない。大事なことなので二回いう。100均大好き。

 

人に対しても、「この人はこういう人だから」って、無意識にラベリングしている。で、近づかないようにする。(レッテルを貼る、とも言うと思う)

私もラベリングをされる。例えば学歴、例えば容姿、例えば病気、例えばちょっとした出来事など。すぐにぺたぺた貼られる。うざい。けど、自分もしてしまうから文句言えない。

 

ラベリング自体が悪いってわけじゃないと思う。

それは私にとって、安全対策というか、防御策のようなもの。

 

でも、私は夢から覚めたとき、「勿体無い」と思った。

本当は価値があるものだったけども、ラベルがあることによってその価値を見失っていたこと。そのことが勿体無いと感じた。

ラベルはこれからも貼るし、貼られる。だけど、本質を見る目だけは持っていたい。

広告を非表示にする