深海のこえ

社会の底辺で哀をさけぶ

いつか

相変わらず苦しんでいる、
息ができない、いやできてる、生きてる、こんなに苦しいのに生きている、でも、
やっぱり無理、もうがんばれない、いや、まだだ、まだやれる、できる、
でも、疲れた、疲れた、疲れた……………

多大なる理不尽とストレスにより、家に帰ったら身動きができない、心が削られまくってもう、半分くらいしか、ない……
なんでわたし、辛いのに、死にそうなのにニコニコしてんのよ、そんな自分にも腹が立つ!!!!どうせ誰も守ってくれないんだから、助けてくれないんだから、もう誰に嫌われたっていーだろーがーー!!!!
新人だからって、へこへこして、へらへらして、なんでもかんでも従って、ばかみたい、ばかみたい、
自分を守れるのは自分しかいないの、だから私が強くなるしかないの、そうなの、
どう思われたっていいから、言いたいこと言えよ、戦えよ、わたし。
もっともっと図太く、鈍くならなきゃ。じゃないと生きてられない、こんな世界。



こんなことをスマホのメモ帳に書いて放置していた。


我慢の限界が来たので、試用期間の三ヶ月がおわっても賃金が変わらなければ、辞めますと上司にお伝えした。
ただでさえ人手不足、どかーんと雷が落ちるかと思っていたけど、意外にも私の気持ちを汲み取ってくれ、仕事ぶりは認めていると言ってくれ、
経営者に掛け合ってくれるとのこと、、、

でもその経営者というのがとんでもなく………

いや、やめよう。


最近、暑気にやられて食欲を失っているせいか、受付なのに走り回っているのも地味に効いているのか、痩せてきた。よかったことといえば、そのくらい。

そういえば、これで100記事目。2014年からの通算だけど、飽きっぽいからこんなに続くと思わなかった。
なんかもう、書いていることが相変わらずすぎて相変わらずだな。つらいな。
もっと、綺麗な景色や美味しい食べ物や楽しかったことを書きたいんだけどな。
今の私には無理だけど、そんな記事をいつか書くから、誰か見ててね。